薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

コロナウイルスに効くかも!? 期待されている薬剤Part.1

コロナウイルス問題が長引いていますが、体調はいかがですか?
外出の機会なども制限され、子供たちは学校が休みになってしまったり、日常の生活にも大きな影響が出ている方も多いと思います。

今回は、そんなコロナウイルスに効果があるかも知れないとされている薬剤について2つご紹介したいと思います。
因みに、今回ご紹介する薬剤は、いずれもコロナウイルスの治療薬ではなく、他の治療薬として用いられていたものに効果がありそう!と話題になっているものです。

適応症にコロナウイルス感染症がないことをあらかじめご承知ください。

f:id:machiyuu:20200312221125j:plain

吸入ステロイド喘息治療薬:オルベスコ

吸入ステロイド喘息治療薬 オルベスコ(一般名:シクレソニド)は、帝人ファーマから発売されている喘息の治療薬の一つです。
今回話題になっている理由が、神奈川県立病院機構 神奈川県立足柄上病院が3例の新型肺炎に対する症例報告を行ったのが理由です。
新たな治療法として期待を集め、医療現場からの問い合わせが相次ぎ、出荷調整を行っている状況にあるとされています。

上記内容は一例報告に過ぎない情報ですので、今後良い報告が出るのを祈りたいですね!

www.teijin-pharma.co.jp


f:id:machiyuu:20200312224727j:plain

抗インフルエンザ治療剤:アビガン

抗インフルエンザ治療剤 アビガン(一般名:ファビピラビル)は富士フィルム富山化学さんが製造している薬剤です。

本剤はインフルエンザ治療薬とされています。
添付文書には、「本剤は、他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分な新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合にのみ、患者への投与が検討される医薬品である。本剤の使用に際しては、国が示す当該インフルエンザウイルスへの対策の情報を含め、最新の情報を随時参照し、適切な患者に対して使用すること。
新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症に対する本剤の投与経験はない。添付文書中の副作用、臨床成績等の情報については、承認用法及び用量より低用量で実施した国内臨床試験に加え海外での臨床成績に基づき記載している。(添付文書より抜粋)」

要するに、アビガンは市場には流通しておらず、国の要請をもって患者さんに投与される薬剤です。

こうした対応を行っている理由については、ウイルスはアビガンのような抗ウイルス薬を使い続けると耐性を獲得し、薬剤が効きにくくなる、あるいは効かなくなるといったシステムを有しています。

現在、こうした抗ウイルス薬、抗菌薬の開発は非常に困難を極めており新たに開発された有用性の高い薬剤については大切に使うべきだ!という考えが根底にあるのだと思います。

また、アビガンについてもある程度リスクをはらんだ薬剤であり、催奇形性関連の警告の記載があるなど使い方についても注意が必要な薬剤とされています。

致死率が凄いインフルエンザが等が流行した際に使われるとされていますが、コロナウイルスがパンデミックとかした現状で国から指示が出るかどうかに焦点が集まっています。

fftc.fujifilm.co.jp


f:id:machiyuu:20200312224731j:plain

まとめ

コロナウイルスの致死率は2~3%とされており、高齢者や糖尿病を罹患しているような所謂ハイリスク患者さんを除けば、決して高い値ではないと考えています。
しかし、感染力の強さや、全世界レベルでの感染の広がりについての懸念が強まっていますが、しっかりとした健康管理(睡眠と栄養補給、精神衛生も意外と大事)を行うことが最も重要かと思いますので、マスクやアルコールなどを使いつつ、ご自身のお体を守っていただければと思います。

コロナに関する過去記事はこちらです!
www.reikenblog.work

この記事が皆様の明日からの生活にお役に立てるようでしたら、読者登録してもらうと更新の励みになりますので宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング