薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

ノロウイルスによる食中毒にもご用心!?

全然コロナウイルスに関する話題が収束を見せませんね…
さて、今日はこの時期によく起こりがちなノロウイルスについて書いていきます。
ノロウイルスも忘れがちですが、冬季に頻発する感染症の一つであり、小さなお子さんなどがいらっしゃるご家庭では、特に注意が必要な感染症の一つです。

では、早速詳細について書いていきたいと思います。

f:id:machiyuu:20200202223513j:plain

ノロウイルスって?

ノロウイルスは基本的には経口感染する感染症で、牡蠣などの二枚貝などが原因となる所謂「食中毒」や、感染した方の糞便や嘔吐物に何らかの形で触れてしまい、それが体内に入ってしまう「接触感染」、前述した糞便や嘔吐物の処理(消毒等)が甘く、乾燥した後に何らかの原因で巻き上げられたものが口から入ってしまう「飛沫感染」が主な感染経路とされています。

症状は吐き気や嘔吐、下痢、腹痛といった消化器症状が主であり、健康な人であれば治療しなくても1~3日後には回復するとも言われています。一方で、症状は強く、私も罹患したことがありますが、トイレの滞在時間が凄まじく長くなり大変な思いをしたことを覚えています。

ノロウイルスによる食中毒は1年通して見られますが、12月から1月末ごろまでがピークとなる傾向があります。

f:id:machiyuu:20200202223509j:plain

治療法や予防法は?

治療法

治療法については、基本的に対症療法であり、明確な治療薬等はありません
これが非常に辛く、数日でよくなるとはわかっていても、数日はトイレと親友のように濃密な時間を過ごすことになります。
私はノロウイルス罹患以来、生牡蠣を食べることを控えています…。

予防法

予防法は、感染経路となるものの摂取を控えたり、罹患されている患者さんに近づく場合は、対応後に石鹸を用いた流水での手洗いの徹底と、トイレや嘔吐物などの清掃には次亜塩素酸ナトリウム溶液(以下、次亜塩素酸Na)による消毒を心がけることです。

管理区分について

基本的には、ノロウイルスに罹った患者さんへの対応としては、コホーティングを行うことが有効とされており、個室での対応や、場合によっては車内でお待ちいただくなどの対応を行っています。
コホーティングとは同じ感染患者をグループとしてまとめ、同じスタッフがケアに当たることで、領域全体を区別する管理法です。
隔離という言葉が、「差別用語に聞こえる」ということからこうした言葉を使用していたのですが、新型コロナウイルスの影響で報道等でも平気で「隔離、隔離…」と言っているので、今まで私たちが気にしてたことって…と思っているのはここだけの話です。

アルコールが効かない!?

また、ノロウイルスにはアルコールによる消毒が効果なしとされています。これは、ノロウイルスにエンベロープという膜がないタイプのウイルスであり、アルコールによる消毒は、エンベロープを破壊することでウイルスを死滅させるのですが、作用点を持たないノロウイルスには残念ながら効果が無いのです。

上記のような理由から、対策としては石鹸を用いた流水による手洗いが用いられます。

消毒の際には…

消毒には清掃後に次亜塩素酸Naを用いますが、2つポイントがあります。

  • 濃度調節をしっかり行う。

次亜塩素酸Naは、非常に強力な消毒薬の一つですが、体液などに含まれる酵素に触れると失活してしまい、効果がなくなってしまいます。ですので、嘔吐物の処理後などには高濃度の次亜塩素酸Naを使う必要があります。使用時の濃度については、製品毎に必ず記載がありますので、ご確認いただき、適切な濃度にてご使用ください。
また、使用の際には換気を行うことをお忘れなく!

  • 腐食性があることを忘れない

次亜塩素酸Naは、非常に強力な殺菌作用を示す一方で、腐食性、漂白作用を併せ持ちます
例えば、床などに使うならまだしも、リハビリ器具などを次亜塩素酸Naを用いて消毒して、そのままにしておくと、皮などを用いていた部分などはボロボロになったり、色が変色してしまいます。
もし、そうしたものに次亜塩素酸Naを使用される場合は、消毒後に水拭きする等のケアが必要になります。 

清掃の際にはマスクも!

冒頭でも記載しましたように、清掃の際には何らかの原因でウイルスが巻き上げられ、口から進入してしまう可能性もゼロではありません。
そうした理由から、ノロウイルスが疑われる方が近くにいる場合の清掃を行う場合は、マスクを着用することが望ましいといえます。

f:id:machiyuu:20200202232102j:plain

まとめ

ノロウイルスについては、治った!と感じても、症状が落ち着いてからは2日間は排菌が続くため、基本的には勤務等もお休みすることが望まれる感染症です。
そうは言っても中々休めないよ…と思われるかも知れませんが、アウトブレイクの危険を招きかねないことをご理解ください。
また、小さなお子さんに関しては、2日以上排菌が続きますので、ご家族の方は少し余裕を持った治療スケジュールを検討いただけますと幸いです。

最近感染症の話題が続き申し訳ありません。新型コロナウイルス、インフルエンザに関する記事も書いておりますので、ご興味を持っていただけましたら併せてご覧ください。

www.reikenblog.work

www.reikenblog.work

この記事が皆様の明日からの生活にお役に立てるようでしたら、読者登録してもらうと更新の励みになりますので宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング