薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

【熱中症対策】おススメの飲料とは?

f:id:machiyuu:20190623213412j:plain

だんだんと夏らしい日が増えてきた気がします。

暑さが増すにつれ、気になるのが脱水や熱中症。
脳梗塞や心筋梗塞の既往歴がある人は特に水分摂取が重要です。

水分についても様々なものが市販されているので、今日はどういった人に何がおススメか書いていきたいと思います。

そもそも熱中症って?

熱中症とは気温の高い環境で生じる健康障害の総称になります。気温の変化に伴い、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

この熱中症は比較的広義の意味を持ち、熱射病などもこれに含まれます。

熱射病は直射日光などを長時間浴びるなどして、体温が40℃を超えることもあり、酷い場合だと死に直結することもあります。

最近では、屋内での熱中症も多く発生しており、部屋で休んでいたとしても気温や湿度が高い環境下に長時間いると熱中症を引き起こすことがあります。

特に加齢とともに喉の渇きを感じにくくなるので、暑い日はこまめな水分補給が望まれます。

水分補給として何を飲むべきか?

現在、コンビニやスーパーなどでも多くの熱中症対策飲料を目にします。

結論から言うと特にどれが良いというものではなく、重要なのはこまめに水分を摂取することになります。

しかし、これだけ色々な製品が出ているので、生活強度別におススメの飲料を書いていきたいと思いますので、個人的に美味しいなどの理由でおススメがあればご教示いただけると幸いです。

水分といえば、やはりこれですよね?

カロリーも無いですし、身近にあるので簡便に摂取できるところもメリットです。

気になる点としては、汗とともに流れ出てしまうミネラル分を補給できない点と、体内に吸収されるのに少し時間がかかるので、熱中症対策には他の飲料に比べてよりこまめに摂取する必要があるといえます。

まとめると、屋内であまり汗をかかない方などは問題ないかも知れませんが、運動をしていたり屋外で汗を各業務に携わっている人にはあまり向いていません。

後で出てくるスポーツドリンクや、麦茶などのほうが汗とともに流れ出たミネラル分(ナトリウム、カリウム等)を補給できるのでおススメです。

麦茶

こちらも夏に良く飲む飲料の一つですね。

水に比べてミネラルが含まれているので、水よりも成分的には良質な飲料といえます。

しかも水と同様にカロリーゼロ
また、他の茶類と比べてカフェインを含まないので、他の茶類に比べて利尿を促進しない点もメリットです。

ただ、こちらも多量に汗をかく可能性がある場合、麦茶に含まれるミネラル分はそれを補うほどではないとも言われており、食物から塩分などの摂取を望んでいるようなものも目にしました。

スポーツドリンク

最後はスポーツドリンクです。
ここまで読んでいただいた方は既にお分かりかと思いますが、運動をしている方や汗を多量にかく可能性がある業務に従事している人におススメな飲料です。

水や麦茶などに比べ、体内の水分組成に近く設計されているので吸収も早く、まさしく熱中症対策に優れた飲み物であるといえます。

しかし、多くのものは糖分も多く含んでおり、あまり運動量が多くない方などが多量に摂取してしまうと、逆に健康を損ねる可能性もあります。

また、近年では合成甘味料を使用したスポーツドリンクも市販されておりますが、通常のスポーツドリンクに含まれる糖分にはナトリウムの吸収を助ける働きがあるので、熱中症対策としては、糖分を含むスポーツドリンクの方がおススメといえます。

緑茶やウーロン茶は?

麦茶のところでも少し出てきましたが、緑茶やウーロン茶などにはカフェインが含まれており、カフェインには利尿作用があるため脱水を促してしまう可能性があるので、熱中症対策という観点から見るとあまりおススメはできないといえます。

ただ、凄まじく緑茶が好きだったり、ウーロン茶以外飲みたくないという強い意志がある方の場合は、こまめな摂取と、冷えたものを飲むこと、ご自身の尿量が減っていないかなどに注意いただければと思います。


f:id:machiyuu:20190623213412j:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本当に暑い日は可能であれば冷房などを使用したり、ご自身の生活環境に配慮いただければより効果的だと思います。

また、以前に冷房などで悩んでいる方向けに記事を書いておりますので、もしご興味がございましたらこちらもご覧ください。
www.reikenblog.work


暑すぎても寒すぎても体調には変調をきたしてしまうので、この時期は色々大変ですよね?

飲料については、体温を下げる目的もあるので、なるべく冷えたものがおススメです。

お腹の弱い方は、一度に多量に摂取しないようにご検討いただくのが良いと思います。

この記事が皆様の明日からの生活にお役に立てるようでしたら、読者登録してもらうと更新の励みになりますので宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村