薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

【クーラー病】あなたの自律神経は大丈夫ですか?

f:id:machiyuu:20190619231017j:plain

暑かったり、寒かったり。
皆さんはいかがお過ごしですか?

最近、日中と夜の寒暖差が比較的大きくなり、何か調子が出ない…
あるいは日中クーラーのあびすぎで何か気持ち悪い…
といった方はいませんか?

時期的には少し早い気もしますが、これから夏本番前によく話題になる「クーラー病」「冷房病」について書いていきます。

そんな病名は存在しない

テレビなどでも、夏になると良く見かける「クーラー病」や「冷房病」ですが、実は医学的にはそうした病名はないんです。

わかりやすいし、原因もわかっているので、そのまま言ったら認知率が高くなってしまった感じでしょうか。

正式な病名としては、「自律神経失調症」がこれらに当てはまると思います。

自律神経は体温調節を行っているので、暑いところで汗をかいたと思ったら、急に冷房の効いた涼しい部屋に入って体温が急激に下がってしまったりと、この時期は大忙しです。

つまりは、こうしたバランスが崩れていくことで、自律神経が「どうすればいいの?」と困ってしまいます。
そして、足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠などの症状が出てきます。

「クーラー病」の対策は?

「クーラー病」という病名は無いと申し上げましたが、わかりやすいのでこのまま続けたいと思います。

「クーラー病」の現実的な対策は、上記でも少し触れましたが、適度な温度管理になります。

エアコンの標準的な設定温度は、25~28℃が良いとされています。ただ体感温度は人によって違うので、寒いという人に合わせてあげるのが親切だと思います。

また、寒いという人が極端に少数派になってしまい、
正直言いにくい…
とお困りの方は、一枚上から着られるものをご用意されるのが良いと思います。

また、風向きも重要で、常に寒い空気を浴びていると特に体温の低下が顕著に現れてしまいます。
風向の調節や、席が決まっているお仕事などについている方は、席替えなどの提案を行ったほうが良いかも知れません。

個人的には「冷房」よりも「除湿」をおススメしています。
湿度を下げることで体感的にも涼しく感じますので、もしお悩みの方がいれば是非お試しください。

熱中症にも注意

今日は「クーラー病」に関するお話ですが、これからの時期は熱中症にも注意が必要です。

暑くてもダメ。

寒くてもダメ。

色々と大変ですよね?
ただ、熱中症の方が生命への危険度が高めですので、これからの時期はこまめな水分摂取と、直射日光を浴びすぎないことが重要です。

夏が本格化してきたらこちらも記事にしたいと思います。

f:id:machiyuu:20190619231009j:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特に女性でお悩みの方が多い「クーラー病」ですが、上手く乗り切ることで快適な夏を迎えたいと思います。

この記事が皆様の明日からの生活にお役に立てるようでしたら、読者登録してもらうと更新の励みになりますので宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村