薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

暑さやストレスに負けない!胃腸を強くするコツ3選

f:id:machiyuu:20190525131141j:plain


30℃を超える日がついに出てきました。こういうときは冷たい飲み物や食べ物に手が伸びてしまいますよね?
しかし、こうした食物は胃腸に負担をかけてしまいます。胃腸は加齢とともに機能が衰えやすい臓器の一つとしても知られています。
今まではなんとも無かったのに…といったことはありませんか?
今回は自分で出来るセルフケア3つ書いていきたいと思います。

胃腸に悩みを抱えやすい人は?

厚生労働省の調査では、すべての年齢において女性のほうが男性に比べて、胃痛などの腹痛を訴える人の割合が多いという結果が出ています。
女性が多いという理由については、そもそも女性のほうが胃腸から食べ物を送り出す力(※1)が弱いこと、月経前や更年期などエストロゲン(※2)が減少する時期には痛みを感じやすくなることなどが言われています。
※1:蠕動(ぜんどう)運動と呼ばれるものです。
※2:卵巣から分泌される女性ホルモンの1つです。

また、胃腸の不調は2つのタイプに大きく分けられ、「胃酸過多」「胃腸虚弱」の2タイプに分けることが出来ます。

「胃酸過多」タイプとは?

「胃酸過多」タイプはストレスや不規則な生活習慣などが引き金になっていると言われています。
ストレスや生活習慣などが乱れると自律神経の働きも乱れてしまい、胃酸の分泌が過剰となります。それに加えて胃粘膜を保護している分泌液の量も減ることで、胃腸が自らの酸でボロボロになりやすくなってしまい、胃痛や胃もたれ、胸焼けなどの症状が出てきます。

「胃腸虚弱」タイプとは?

こちらは体質的な問題で、もともと胃腸が弱い方になります。皆さんも周りでも、痩せ型で食がいように細かったり、食べてもすぐにお腹いっぱいになってしまうような方はいませんでしょうか?こうした方は無理して食べてしまうと消化不良を起こしてしまったり、胃腸で消化がしっかりと行えずに下痢などを起こしてしまいます。

皆さんはどちらのタイプでしたか?ちなみに日本人は最近「胃酸過多」タイプが非常に増えていると言われています。
理由として、成長期から消化に時間が掛かる高脂肪食の摂取割合が増え、以前に比べて胃酸の分泌量そのものが増えています。
「胃酸過多」タイプの方は高脂肪食を食べ過ぎないように注意すると良いかも知れません。


f:id:machiyuu:20190525131152j:plain


胃腸を強くするコツ3選

食事内容を工夫する。

冒頭でも書きましたが、冷たい食べ物や飲み物をとりすぎると胃の血流を悪くしてしまうため、胃粘膜液量を減少させてしまい、胃が荒れやすくなってしまいます。
しかし、暑い時期に冷たいものを食べるな!というほうが無理ですよね?そうした場合は食事などの際に、胃腸の働きを助けてくれる食べのものをプラスしてみるのがおススメです。
例えば、大根は夏場でも食べやすいものの一つで、でんぷんを分解するジアスターゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼなどの酵素を含んでいるため、胃の消化を助け、胃もたれや胸焼けといった症状を予防する手助けをしてくれます。
もう一つは唐辛子で、辛み成分と知られるカプサイシンには食欲をアップさせる働きだけでなく、胃粘膜を増やして胃腸を保護する働きがあります。
ただし、食べ過ぎてしまうと体のほかの部分に悪影響を及ぼしかねませんので、摂取する際にはほどほどがおススメです。

余談:最近はお腹に優しいといわれていたヨーグルトや納豆などの食べ物の一部が、過敏性腸症候群(※3)の人では症状を悪化させてしまうことがわかってきました。常識!と思われていたことでも、疾患によっては悪影響を及ぼしてしまうことがあるようですので、もし生活習慣を改善してもどうにもならない場合は専門の医療機関を受診したほうが良さそうです。
※3:過敏性腸症候群は下痢と便秘を繰り返してしまうツラい疾患。ストレスが引き金となると言われ、検査しても明確な原因が見つかりにくい。

ストレスに関する記事を以前に書いております。気になる方はこちらもご覧ください。
machi-ishi.hatenablog.jp

生活習慣を見直そう!

胃腸は規則正しい生活が大好き!といわれており、朝食を抜かないようにする、しっかりと睡眠時間を確保するなどといった生活習慣を整えることで働きが良くなることがわかっています。
意外かも知れませんが、胃腸が最も働くのが睡眠中です。胃腸は睡眠中に胃の中を空にし、リセット作業を行うので睡眠時間をしっかりと確保することが胃腸の働きを良くするためには重要なのです。

睡眠については以前にも記事を書いています。気になる方はこちらもご覧ください。
machi-ishi.hatenablog.jp
machi-ishi.hatenablog.jp


色々やってダメなら我慢せず胃薬!

もうだめ!色々やる時間ないし!なんて場合は無理せずに薬を活用するのもおススメです。
食事をしっかり取りたいけど時間無いし…、仕事が忙しくて睡眠時間が削られる…といった場合もあるかと思います。
今回胃腸の不調に関しても複数のタイプがあることなどを書いてきましたが、胃薬にも様々なタイプがあります。胃酸を押さえるお薬や、胃粘膜を保護する働きを助けるお薬など色々あります。購入の際にはパッケージをよく読んでみたり、薬剤師に相談いただければ適切な商品を選んでくれると思います。


f:id:machiyuu:20190525131153j:plain

まとめ

いかがでしたでしょうか?これから暑くなるにつれ、こうした悩みを抱える方も増えてくるかと思います。今から準備していくことで、健やかに過ごせる可能性は上がるかと思いますので、気になった内容がありましたら是非お試しください。