薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

睡眠時無呼吸症候群?朝起きたときツライことありませんか?

f:id:machiyuu:20190523231702j:plain


1日の睡眠時間が約8時間だとすると、人は人生の3分の1を睡眠に費やすことになります。現代人は睡眠時間が減少傾向とはいえ、それに近い値を寝て過ごすことになります。しかし、最近はこうした睡眠に障害を伴う方が増えています。
しっかりと寝たはずなのに、起きるときツライ…そうした方は睡眠時無呼吸症候群かもしれません。
※睡眠時無呼吸症候群:Sleep apnea syndromeのこと。頭文字をとって「SAS」と略されることも多い疾患です。

人は呼吸をしないと死んでしまう。

当たり前のことですが、人は呼吸をしないと体内へ酸素を取り込めずに窒息死します。それが睡眠時に勝手に起こりそうになるわけですから、朝起きたらツライわけです。
睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)の定義は、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群といわれています。

日中にこんな症状はありませんか?

SASが起こると日中にも様々な影響を与えます。日中の違和感としては以下のとおりです。

  • 意識を失いそうな強い眠気がある
  • 倦怠感やダルさが抜けない
  • 集中力が続かない

などが挙げられます。また、寝ているときや起きた際にも以下のような症状がある方も注意です。

  • いびきをかきやすい
  • 寝汗をかきやすい
  • 何度も夜中に起きる
  • 起きたとき口が渇いている
  • 起きたとき頭が痛い
  • スッキリと起きられない

など、様々な症状からSASが疑われます。最近ではスマホアプリで自身の眠っているときの録音が出来るものもありますので、自身の呼吸が止まっていないかチェックすることが出来ます。


f:id:machiyuu:20190523231639j:plain

SASを早期発見しよう!

SASを起こしやすい人は以下のとおりです。

  • タバコがやめられない
  • お酒が好きで、寝る前のお酒が習慣化
  • 太り気味。暴飲暴食してしまうことがある
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある
  • 首が短い、首が太い、まわりに脂肪がついている
  • 下あごが小さい、小顔、下あごが後方に引っ込んでいる
  • 歯並びが悪い
  • 舌や舌の付け根が大きい

などの生活習慣や特徴がある方は特に要注意となります。
性別としても男性のほうが多く、割合は男性:女性=2:1といわれています。

対策もとい治療法

  1. やせる:上記にもありますように、太っているがゆえに寝てるときに気管が圧迫され呼吸がしにくくなっているケースがあります。そうした際には、運動と食事に気をつけて体重を落とすことで、首周りの脂肪が減り、症状が改善する可能性があります。
  2. マウスピースをつける:下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。比較的軽度な方に効果的といわれています。自身にあったものをつける必要があるので、初期費用が少し掛かってきます。
  3. CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法のことで、現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。要は人工呼吸器をつけているのに近いものになります。「そんな装置をつけた状況で眠れるの?」と思われるかも知れませんが、慣れれば大丈夫!という声が多い模様。しかし、事前の様々な準備も必要とされますので、医療機関に一泊入院して治療に適した機器設定を行う場合もあるようです。

f:id:machiyuu:20190523231648j:plain

まとめ

実は私もSAS予備軍で、朝起きると口がパサパサになっていることが良くあります。最近、女性でも増加傾向のようで、痩せている方でもSASの症状を呈する方も増えていると聞いています。今後症状が強くなることがあれば、私自身も治療を検討しております。その際にはCPAPを使ったものが想定されますので、レポートをまとめてみたいと思います。