薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

春の紫外線対策!「光老化」を防ぐ2つの方法

f:id:machiyuu:20190514232343j:plain


春は紫外線が強くなる季節です。対策を怠ると、未来の肌を大きく変えてしまうこともあります。
今日は体の内側と外側からケアを行い「光老化」から身を守る方法を書いていきたいと思います。

そもそも「光老化」って?

「光老化」は紫外線を長時間無防備な状態で浴びることによるエイジング(老化)現象のことです。
そもそも肌の老化現象はどのようなものが影響しているのかご存知ですか?
答えとして、加齢が2割、紫外線の影響が8割を占めていると言われています。
実際に、お尻や太ももなど、紫外線を長時間無防備な状態で浴びにくい部位については、お年を召された方でもシミやシワなどがあまり見られません。すなわち、こうしたシミやシワなどは「光老化」が原因となっているのです。
また、顔以外にも手の甲など、比較的紫外線にさらされやすい部位についても、シミやシワが出来やすい部分として注意が必要と言われています。

肌に影響を与える紫外線って何?

紫外線は「UV (ウルトラヴァイオレット)」と記載されているものを目にされる方も多いかと思います。こうしたUVは肌のハリを保つコラーゲン繊維を切断し、シワやたるみの原因を作るだけでなく、肌の表皮に炎症を与え、メラニンという色素を増加させ、シミやソバカスを作る原因となります。
このように紫外線などの影響により、「光老化」は年齢とともに進行していきますので、悪化させないためにケアを行っていくことが重要なポイントになります。

f:id:machiyuu:20190514232333j:plain


「光老化」対策はどうすれば良い?

「光老化対策1」:日焼け止めを使ってみよう!
日焼け止めは毎日のスキンケアの延長と考えてみるのはいかがでしょうか?既にこうした「光老化」の影響を感じられている方は、すぐに対策を始められて良いと思います。
しかし、一口に日焼け止めといっても、様々な種類があり、効果の強さを示す「SPF」「PA」などの良くわからない数値がたくさん書いてあるなど、
少しわかりにくいかも知れません。
※「SPF」:UVを浴びた場合、普段と比べて肌が赤くなる時間をどのくらい先延ばしに出来るかの指標です。
※「PA」:PA+~PA++++の4段階で示されUVをカットする効果を示す指標です。
1例ですが、日常生活においては、そこまで紫外線カット量の多くないものを選んでみる。屋内であればPA++ぐらい、屋外であればPA+++などを目安にしてはいかがでしょうか?また、レジャーなどの際には「SPF」「PA」が高いものを選択してみたり、肌が乾燥しやすい時期などはクリームタイプの日焼け止めを選んでみるなど、効果量以外にも目を向けてみると良いと思います。


「光老化対策2」:体の内側からも肌をケアしよう!
具体的には、抗酸化作用が高く、肌の新陳代謝を促してくれる働きのあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれる食品を摂取することが重要です。
ビタミンAが多く含まれる食材:ウナギ、ニンジン、レバー等
ビタミンCが多く含まれる食材:キウイ、レモン、イチゴ等
ビタミンEが多く含まれる食材:アーモンド、ピーナッツ、ツナ等

こうした食材をすべて食事で摂ることは難しいかも知れません。そうした場合はサプリメントを使うことも視野に入れるのも一案です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?体の内と外からWで対策を行うことで、明日からの「光老化」対策もバッチリだと思います。
人によっては日焼け止めが肌に合うものが見つからない!という方もいらっしゃるかと思います。そうした際には、専門家である皮膚科医にご相談されるのが良いと思います。
本記事を明日からの「光老化」対策に是非お役立てください。