薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

「雨の日は調子が悪い」という方いませんか?

f:id:machiyuu:20190510234430j:plain


気温や湿度など、気象の変化は私たちの健康に影響を及ぼしますが、体感しにくい気圧の変化も体調に影響を与えることがわかっています。
少し早いですが、これから梅雨に向かうにつれ、徐々に天候が不安定な季節になります。今日は、そうした天気と体調の関係について書いていきたいと思います。

雨が降ると頭痛やめまいを起こしたりしませんか?

それは気象の変化によって生じる「天気痛」かも知れません。
「天気痛」とは、文字通り天候が不安定になると古傷が痛む、台風などが近づいてくると頭痛がする等、その人がもともと患っていた症状が気象の変化に影響されて現れたり、悪化したりする現象のことです。
「天気痛」について症状を上記以外にもまとめると、神経痛、めまい、首の痛み、腰痛、眠気、耳の痛み等、様々な症状が現れることがあります。
これに加え、気分の落ち込みや、うつ、不安定症など、精神的な部分にも影響を及ぼします。
以前の記事でも書きましたが、春先の環境変化に加え、こうした気象などの影響もあり、春先は変化の多い季節となるのです。


現在では、気象要素の中でも特に気圧の変化「天気痛」の引き金になっていることがわかってきました。
気圧の変化を感知する器官は、耳の内耳(鼓膜よりも内側の部位になります)にあり、「天気痛」は気圧の変化に内耳にあるセンサーが過剰反応を起こし、その情報が脳に伝わることで自律神経のバランスが乱れ、様々な不調に繋がっていきます。

どんな人が天気痛を起こしやすい?

下記にチェックリストを用意しました。
2つ以上の項目に当てはまる人は気圧の変化で不調が現れやすい傾向があります。それ以下でも1つでもチェックが入れば、ハイリスク群になります。

□雨が降りそうだとわかる
□季節の変わり目は体調が悪い
□乗り物酔いをしやすい
□耳鳴りがしやすい
□耳抜きが苦手

特に内耳が敏感な人が気圧の変化によるストレスが大きく、体調不良を起こしやすいのがお分かりいただけたかと思います。
片頭痛などは、症状が強い人ですと何もできなくなる方もいるぐらいですので、より注意が必要です。

また、女性のほうが「天気痛」を起こす割合が多いことも知られています。
割合としては約2/3ほどで、最も多いのが40代の女性です。
理由としては、男性よりも女性のほうが自然への感受性が高く、気象の影響を受けやすいと言われ、女性ホルモンの影響を受けて片頭痛持ちが多いことも女性に「天気痛」が多い理由となります。



f:id:machiyuu:20190510234441j:plain

「天気痛」の対策は?

「天気痛」には予兆が見られることが多く、実際にめまい、吐き気、あくび、耳鳴り等が症状としてでることがあります。
しかし、こうした予兆については個人差が大きく、天気が悪くなる前に現れる人もいれば、天気が悪くなっている最中に現れる人もおり、タイミングは人それぞれです。しかし、こうした予兆のタイミングには比較的再現性があるので、自分なりに予兆が出るパターンを把握することが対策の第一歩となります。

次に、耳を温めたり、耳をマッサージすることなども効果的です。
前述しましたように、「天気痛」には内耳の状態が大きく影響を及ぼします。耳の周りの血行が悪くなると内耳がむくんで過敏となり、「天気痛」を起こしやすくなってしまいますので、予兆が現れそうな際には内耳の血行を良くしておくと症状が落ち着く可能性があります。
耳の温めには、温めたタオルや温かいペットボトルなどを耳の後ろに当てると良いと思います。




まとめ

いかがでしたでしょうか?
正直なところ、症状が重い方では上記のような予防法を用いても「天気痛」を完全には防げないかもしれません。
そうした際には、予兆を感じたタイミングで、酔い止めや、めまいを抑える薬剤を服用することもご検討いただくのも1つの方法です。
「天気痛」の症状が出てしまった後の対処法は、無理せずに安静にすることが重要です。
さらに痛み等が強い場合は、医療機関を受診するなどして、痛み止めを服用にしていただければと思います。
最近は気圧調節機能がついた耳栓なども販売されているのを目にしたことがあります。

私自身も片頭痛もちですが、辛くても中々会社は休ませてくれません。
「天気痛」とある程度共存するためにも、ストレスに負けないよう、自律神経を整えていきたいと思います。
この記事が皆様のお役に立てることをお祈りいたします。