薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

5月病? 春はメンタル不調を起こしやすい?

f:id:machiyuu:20190509232828j:plain

休みが終わってからというものの、何か仕事に身が入らない方も多いのではないでしょうか?
そもそも春は「木の芽時」と言い、自律神経が不安定になりやすい季節として知られています。
普段からメンタル不調のある人は悪化しやすく、特に不調がない人でも、大きなストレスが加わるとメンタル不調になってしまいます。

メンタル不調ってどんな感じ?

メンタル不調には種類があり、エネルギーがダウンし、何事にもやる気が出なくなってしまう「どんより落ち込み型」と、交感神経が活性化し過ぎて焦りやイライラが生じやすくなる「せかせか空回り型」の2タイプが多く見られると言われています。
いずれも過剰なストレスにより、自律神経の乱れが原因となります。

下記にチェック項目を記載いたします。

□気分が落ち込んで、何をするにも憂鬱
□体がだるくてやる気が起きない
□寝るのに1時間以上掛かる、または夜中に何度も目が覚める
□不安感や焦燥感を感じてそわそわ落ち着かない
□常に緊張が取れず、頭痛、肩こりを感じる
□持病はないのに体がふらつく、息苦しさなどを感じる
□人と会ったり電話したくない
□非常に怒りやすくなった、または涙もろくなった
□アルコールや甘いものの摂取量が急に増えた
□食欲がなくなる
□腹痛、便秘、下痢が起き毎日つらい
上記項目に1つでもチェックが入り、その症状が2週間以上続いて日常生活に支障が出ている場合は、専門の医療機関への受診が望まれます。

何で春は調子が悪くなりやすいのか?

ストレスの要因は日常の中に数多くありますが、春は卒業や入学、就職、人事異動など社会的な変化が多い時期です。
この変化というストレスに見舞われ、知らず知らずのうちにエネルギーを消耗してしまっている人は少なくありません。
上記のような様々な変化に対応しながら3月、4月を過ごし、GW頃に疲れが出てメンタル不調に陥ってしまうようです。





SNS疲れ、スマホ依存も原因に?

インターネットやSNSが普及した現代は、四六時中情報が押し寄せ、コミュニケーションを要求される場が多くなっています。
そうした刺激に対して、脳は常に刺激され、高速で思考を繰り返しています。
そして脳が休まらないと、自律神経も乱れてメンタル不調を招きやすくなってしまいます。
帰宅後もメールで仕事のやり取りをしたり、SNSで多くの人とコミュニケーションをとったり、ネットサーフィンが習慣になっている人は、意外と要注意かも知れません。

ストレスに振り回されない強い心をはぐくむには?

いかがでしたでしょうか?
繰り返しになりますが、ストレス過多、情報過多の時代において、こうしたメンタル不調は誰にでも起こりうるものだと思います。
セルフケアとしては、意識的に睡眠や食事をしっかりしていくことや、可能な限り心をストレスから引き離すことが重要といわれています。
一人で解決できない場合は、友人や知人、医療機関などを頼ることが望ましいと思います。
私自身も睡眠時間が最も犠牲になりがちなので、不調を感じる前にしっかりと時間管理を行うように注意したいと思います。