薬剤師の令和から始める健康ブログ

日常生活に役立つ、健康に関する話題を提供します。健康についてお悩みのことがありましたらテーマとして取り上げますので、お気軽にコメントください。

除菌、殺菌、滅菌 違いって?

f:id:machiyuu:20190509232752j:plain

最近どんどん暖かくなり、汗ばむ陽気となる日が増えてきました。汗をかいてしまった衣服などは、可能であればもちろん洗濯します。しかし、アウターなど頻繁に選択できないものについては、除菌が出来る消臭スプレーを良く使っています。
最近はこうした除菌のようなキーワードが書かれた商品を良く見ますが、除菌殺菌滅菌など様々なワードの違いについて見ていきたいと思います。

除菌って?

除菌の定義については、洗剤やウェットティッシュなどの業界団体がつくった、試験方法や自主基準の中に記されていました。台所用洗剤のスポンジに対する除菌なら「除菌効果のないものを使ったときと比べて、対象物から生きた細菌数をある程度減らすこと」を意味し、ウェットティッシュなら「除菌効果のないものを使ったときと比べて、対象となる硬い表面(手指などの身体部分を含まない)から生きた細菌数をある程度減らすこと」を意味しています。
結論として、文字通り微生物をを取り除くことを「除菌」と言っています。微生物(細菌)はほっておくと勝手に増殖していきますので、一定の効果があるものといえるかと思います。

殺菌、滅菌との違いって?

殺菌、滅菌ともに『細菌を殺す』ことを意味します。除菌は上記の通り菌を減らし増やさないようにする意味合いが強いのですが、細菌を殺しているわけではないのが大きな違いです。すなわち除菌は『菌を殺さないが増殖を抑える』という意味です。除菌については除菌の記載がある製品の業界団体が表示の自主基準を定めています。

 殺菌の中にはさらに、「消毒」「滅菌(めっきん)」という分類があり、「消毒」病原性のある細菌(病原菌)を感染が防げる程度まで病原菌を殺すことになります。一方で、病原性の有無にかかわらずすべての微生物を殺すこと「滅菌」と言い、高圧水蒸気や特殊な消毒薬で処理するなどして完全に微生物を死滅させることになります。

実際に医療機関で使用される医療機器などについては滅菌処理がされているだけでなく、ガーゼなど患者さんの体に触れるものにおいても滅菌済みの記載があるものもありますので、気になったらご覧いただけると良いかもしれません。



まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近良く目にする除菌等について書いてきましたが、大きな違いがあることがお分かりいただけたかと思います。
除菌は細菌学的には簡便な処置のようなものに当たりますので、特徴を理解いただいた上で使用いただければと思います。